外為取引では事前シミュレーションを十分に

sfd6外為取引には独特のルールが沢山あります。そのため、初心者は知らず知らずのうちにそのルールに抵触してしまい、「え?そんなルールあったの?」と泣きを見ることも少なくありません。そんなルールの一つである「ロスカット」をご説明しましょう。

ロスカットは取引の際に含み損がある一定額を超えた時にそれ以上の損失を産むリスクを避けるために業者側が勝手に行う強制決済の事を言います。預け入れした証拠金を全額失う事がないように、資産を守る重要なシステムの一つには違いありませんが、業者側が勝手に行ってしまうため、自分でコントロールすることができません。

また、損失は決済されるまで確定ではありませんが、ここで決済されれば確実に損失となります。一応は損失を出してもある一定の証拠金を温存するように決済されますが、決済の決定から実際の実行まではどうしてもタイムラグがあるために、システムの速さや市場の動きによっては決済が間に合わず証拠金を全額失う事もあり得ます。

このロスカットが行われるラインは業者に応じて決まっており、レバレッジに大きく依存します。このレバレッジというのも外為取引特有のルールで、預けた証拠金の額の何倍も大きな額の取引ができるか、その倍率を表す数値を指します。

レバレッジが大きければハイリスクハイリターンになります。大きな利益を得られますが、損失もそれだけ大きくなり、このような時には損切りの能力が必須です。このあたりがバイナリーオプションとは一線をかくすところです。時には、証拠金以上の損失を出す事も起こり得るのです。そうなれば、追証金を入れなければなりません。

業者側のロスカットを防ぐには、この一定ラインに到達する前に自分で良いタイミングを選んで自ら損切りするしかありません。ロスカットラインは証拠金維持率のパーセンテージによって決められます。計算式に代入すれば自分で計算できるので、予め計算しラインを把握しておきましょう。

自分で損切りする感覚を身につけるためにも、それ以上いったら危険だというラインの指標となるロスカットラインを、自ら計算しておくのは悪い話しではありません。もし気になるようなら、バイナリーオプションナビ | 勝てる稼げる戦術公開!で試してみるのも良いかもしれません。まあ初心者のうちは感覚がわからないので、良い参考になるでしょう。

外為取引な独特なシステムをしっかりと理解し、無駄な損失を出さない事は大切です。特にロスカットの仕組みとロスカットラインにおいては、しっかりと確認、理解し無駄な損失を出さないように心がけましょう。